ごあいさつ

2011年3月11日。東日本大震災から3年の月日がたとうとしています。あの未曽有の災害から私達は何を学んだのでしょうか。そして、何をすることができたのでしょうか。

あの日、東日本を襲ったのは、ひとつの地震ではありませんでした。多発していた巨大な地震群は、様々な角度から波状攻撃のように私達の暮らしを襲っていたのです。しかも、その後も大きな余震が繰り返されています。科学者達の想定を遙かに超えたあの巨大地震によって、私たちは、私たちの暮らしが大変脆弱なものであったことを思い知らされました。

今も東日本大震災に対する科学的な検証が進められていますが、検証結果の一つひとつがパンドラの箱を開く鍵となっています。そして、個人も様々な共同体や産業分野も、それぞれの震災対応基準を根本的に見直さなければなければならない厳しい現実に直面しています。

一方、あの災害を教訓にして、様々な減災対策に取り組んでいる事例は少なくありません。残念なことに、それらの取り組みは、一部の人たちにしか共有されていないように思えます。どんなに優れたアイディアも、広く社会に浸透させなければ本来の力を発揮できません。

私たちは、個人や様々な活動団体や産業界が、それぞれに取り組んできたイノベーション事例をより多くの人たちが共有し合い、大震災に備える社会のあるべき姿を見つめ直す必要があると考えました。

そこで、あの経験から学んだ知恵を未来に繋ぎ、世界中に広めていくために、東日本大震災から3年目となる2014年3月の東京開催を皮りに、日本全国、更には世界中の自然災害多発国で、「ポストクエーク・イノベーション・フォーラム」を開催することとしました。

皆様には、是非とも本フォーラムの趣旨をご理解いただき、ご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

PIF実行委員会 委員長/株式会社グローパス CEO 仁禮 彩香(Ayaka Nirei)
PIF実行委員会 副委員長/株式会社グローパス COO 齊藤 瑠夏(Ruka Saito)

仁禮 彩香/齊藤 瑠夏

PIFにこめた思い

「客」の心だけではなく「主」の心を高め、地震災害に備える強い社会をつくる。

明治維新以降、日本は、教育や医療など多くのサービスを国が提供するようになりました。 そして、先人たちの努力により、日本は世界で最も暮らしやすい国へと発展してきました。その一方で、日本人は「客」の心に支配され、「主」の心を忘れていってしまいました。

「客」のままでは、リクエストやクレームを出すことしかできません。「客」の心だけで集っても、本当に強い社会をつくることはできません。

しかしながら、東日本大震災の直後、確かに日本人の心の中で「主」としての占有率が高まったように思えました。私たちは、これをしっかりと根付かせていきたいと考えています。

今改めて、一つひとつの「おうち」の単位から、日本人の「主」としての心の占有率を高め、防ぐことが困難な災害に対し、できる限りの備えをしていく必要があります。

PIF実行委員会 一同

PIFにこめた思い

株式会社グローパスとは?

Post quake Innovation Forum 実行委員長の仁禮彩香は、現在高校1年生で、株式会社グローパスの最高経営責任者(CEO)です。

この会社は、2011年に、仁禮彩香、齊藤瑠夏、齊藤未月の3人の中学生が設立した会社であり、「子供の子供による子供のための未来創造プラットフォーム」というコンセプト掲げて、
・子供の思いとアイディアを大人の力を使って実現する事業、
・未来志向の学校をつくる事業、
・チャレンジする大人を応援する事業
に取り組んでいます。

Post quake Innovation Forumは、子供の思いを実現し、チャレンジする大人を応援するために、3人の経営陣が発案しました。

株式会社グローパス ウェブサイト


GLOPATH

開催実績

タイトル Post quake Innovation Forum @Tokyo 2014
日 程・場 所 2014年3月7日 (金) 13:30-20:30/ 8日 (土) 10:30-15:15に
日比谷図書文化館にて開催いたしました。
主 催 Post quake Innovation Forum 実行委員会
実行委員会 実行委員長 仁禮 彩香
実行委員会 実行副委員長 齊藤 瑠夏
総合プロデューサー 有田 曉生
共 催 株式会社グローパス
Support Our Kids実行委員会NPO法人 次代の創造工房
後援 内閣府政策統括官(防災担当)
お問合せ PIF推進事務局(info@pif.jp

当日の模様は、フォトライブラリーをご覧下さい。



© Glopath 2014