文化放送の皆さんに3.11の頃の出来事についてお話を聞かせて頂きました。

2014.02.26

文化放送アナウンサーの吉田涙子さん、総務局の大河原聡さん、放送事業局の相田千冬さんを訪問し、3.11の頃の出来事についてお話を聞かせて頂きました。

放送内容は災害関係の情報でも、普段通りのパーソナリティーが出演して語りかけることで、リスナーの心を救うことができる。そんなエピソードから、ラジオが持つ本質的な役割とは何かについて考えさせられました。

災害時に最も信頼でき、安心できるメディアは、ダントツでラジオです。そんなラジオを、どうすれば、もっと若い世代にも普及できるかについて、ディスカッションも行いました。このディスカッションの続きは、3月7日のカンファレンスで…。

文化放送の皆さん、ありがとうございました。

We visited Cultural Broadcasting Inc. and met Ms Ruiko Yoshida, Mr Satoshi Okawara, Ms Chifuyu Aida to hear what was happening at the radio station on March 11th 2011.
By usual radio personalities appear on the radio programs and talk like always, we could heal the listeners’ heart even the topics were about the disaster.
This episode made us think what is the essential roll of radio.

Radio is the best media that we can trust and relief.
So we also discussed how we can make this media more popular among the younger generations.
This discussion will be continued at conference on March 7th.

I would like to say thank you to all of you in Cultural Broadcasting Inc.